シミしわ対策スキンケア110番> シミしわ対策スキンケア基礎知識 > 正しいお手入れをするために皮膚の性質を理解する

正しいお手入れをするために皮膚の性質を理解する

皮膚は、人体を覆い、外界から保護しています。
人体の皮膚のサイズは、おおよそ畳1枚分弱。
広げてみると意外と大きいと思いませんか?
人体の皮膚では足底がもっとも厚く、まぶたがもっとも薄いのです。
角質層は、10~20層の扁平な細胞が枯葉のように積み重なったもので、厚さは約0.002mmです。
顔では角質層の厚さは0.001mm。
わずか10層以下の細胞でできています。
手足の角質層は厚く、50層ほどになります。
実は、皮膚は外からの刺激に反応し、人体の中では最大の、活動している生きた臓器で、皮膚は単なる1枚の皮ではありません。
皮膚は、大きく分けて表皮、真皮、皮下組織という3層の構造からなります。
表皮は皮膚のもっとも表層で体を守っています。
奥のほうでは絶えず細胞分裂によって新しく生まれ、表面から角質(あか)となって剥がれ落ちています。
表皮は傷がついても、奥から生まれる細胞ですぐに修復されるので、体の内部を守るのに好都合なのです。
また、表皮のさらに最卜層には角質のバリア機能かおり、物を通さないようにできています。
このバリアがあるために、泥や洗剤を素手で触っても体内に浸透してくることはないのです。
真皮は表皮よりも奥の層で、コラーゲン繊維の網目構造でできています。
ゴムのような弾力かおり、体が動いたときの、伸びたり引っ張ったりという物理的刺激に耐えられるようにできています。
真皮は細胞ではなく、おもに線維でできているので、細胞分裂で生まれ変わることはなく、角質(あか)として剥がれることもなく、ごくゆっくりとした新陳代謝をしています。
真皮のすぐ下には皮下組織があり、これはおもに脂肪からなるやわらかい組織です。
その下が筋肉、さらに奥が内臓や骨となります。
ひとくちに「お肌」とよくいいますが、表皮、真皮、皮下組織という、このようなまったく性質の異なる3つの層からなるものです。
外側のごく薄い部分が表皮、その直下が真皮、その下が皮下組織、その中に筋肉や内臓のような重要なものが入っています。
3層それぞれの性質を理解しないと、正しいお手入れはできません。
表皮は、角化細胞、ケラチノサイトとも呼ばれる、表皮細胞が密に積み重なってできています。
石を積み上げた城壁のように、細胞がぎっしり並ぶことで、体を守るための丈夫な鎧を作り上げているのです。
さらにその細胞は、細胞分裂によって絶えず生まれ変わっています。
占いお城の壁は、風雪にさらされてボロボロになりますが、表皮は生まれ変わるので、占びることなく、絶えずバリア機能を維持しています。
表皮の一番深いところで生まれた表皮細胞は、成熟しながら上に押し上げられていき、最後は扁平な形になり、死んで角質(あか)となります。
表皮細胞の一生は、大きく4つのステージに分けられ、したがって表皮は4層に分けられます。
細胞分裂に約19日、そこから顆粒層までで約14日、角質内にとどまる期間が約14日といわれます。
動物にたとえると、お母さんのお腹の中に19日間、生まれてから死ぬまでに14日間、死んでから14日間で風化して土に帰るといったところです。
この、基底層から角質層へのステップは、生物でいう老化のようなものですが、表皮細胞では角化といいます。
表皮のもっとも深いところにある層で、縦長の基底細胞が1層に並んでいます。
基底細胞は約19日間かけて細胞分裂し、新しい細胞が生まれます。
生まれた細胞は順次、エスカレーター式に表層へと押し上げられていきます。
基底層で生まれた細胞は、大型の多角形の細胞となって押し上がり、5~10層並んで有林層を構成します・有林層は、表皮の大半を占めます。
細胞同士の接着部分が顆微鏡では棘のように見えるので、有棟層と呼ばれます。
角質層近くまで押し上げられると、細胞内にタンパク質の顆粒(ケラトヒアリン顆粒)や線維が増え、細胞は硬く、扁平になってきます。
また、細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)など、肌のうるおい成分のもととなるものが、細胞内に蓄えられてきます。
2~3層の細胞からなる薄い層です。
細胞はいよいよ死んで、角質細胞となります。
死ぬ瞬間に、細胞の核はなくなり、セラミドなど細胞間脂質が細胞の外へ放出されます。
これが細胞同士の間を埋めて、水分を維持し。
うるおいを守ります。
天然保湿因子は細胞内にとどまって、これもうるおい維持に貢献します。
角質細胞は次第に押し上げられ、最後は酵素で分解されて、あかとなって剥がれ落ちます。その酵素はプロテーゼ酵素という、タンパク質を分解する酵素です。
この酵素の働きが加齢とともに低下するので、角質が不要に厚くなりすぎて、肌の代謝を妨げることになります。
よって、酵素洗顔料もしくはピーリング化粧品で適度に剥離を助けることが、肌の若官を維持することにつながります。
表皮の基底層から顆粒層までは生きた細胞で構成され、角質層だけは死んだ細胞でできているわけですが、生きた細胞と死んだ細胞は、生きた葉っぱと枯葉くらい違うものです。
生きた表皮細胞は、約65%の水分を含みます。
死んだ表皮細胞(角質細胞)の水分量は、20~30%くらいです。
生きた細胞の部分はみずみずしく透明感かおり、角質層は黒っぽく硬くなります。



スポンサード リンク

前の記事: « 皮膚についての隠された働きとは?
次の記事: ターンオーバーとケミカルピーリング »
HOME: シミしわ対策スキンケア110番


シミしわ対策スキンケア基礎知識

シミの原因

シミ対策

シミのトレチノインと体験記

シミのレーザー治療

しわ対策スキンケア

しわの場所別スキンケア

にきび対策スキンケア

くま対策スキンケア

赤ら顔のスキンケア

脂性のスキンケア

乾燥肌・敏感肌対策

くすみ・たるみ対策

スキンケアと肌の老化(アンチエイジング)

紫外線対策スキンケア

スキンケア化粧品の基礎

スキンケアとライフスタイル

スキンケアと洗顔

スキンケア化粧品の成分

ケミカルピーリングの効果

ケミカルピーリングの皮膚科

ヒアルロン酸治療のクリニック

ボトックス注射

ボトックス注射の病院

スキンケア関連記事

リンク

しみしわ対策スキンケア110番
ケミカルピーリングの効果
プラセンタ注射研究所
ヒアルロン酸注射の効果
フェイスリフトアップ専門
ボトックス
メソセラピーの効果と体験談
デオドラント対策講座

サイト内検索

お問い合わせ

リンクフリーです。
相互リンクご希望の方は件名を「相互リンク希望」として、このサイトのURLと名称、相互リンクいただけるサイトの紹介をこちらにお送りください。

 

ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2012 シミしわ対策スキンケア110番. All rights reserved