シミしわ対策スキンケア110番> シミのトレチノインと体験記 > シミ治療に使われるトレチノインは安全?

シミ治療に使われるトレチノインは安全?

シミ治療に使われるトレチノインは表皮を溶かしたり削ったりするものではありません。
あくまでも表皮細胞の生まれ変わるスピードを早めてシミを排出させているだけなので、使い方を誤らなければ傷跡が残ることもありません。

しかし治療中は2週間に1度は肌の状態を見てもらいに通院しましょう。
レーザー治療をする場合にも一度表皮のシミを落としてからレーザーを照射すると炎症後の色素沈着が少なくなり、効率的にメラニンを破壊できます。

皮膚に対するトレチノインの副作用は皮膚炎です。
これは必ず発生しますが外用中止とともに速やかに軽快するので心配ありません。
合併症は治療に伴う皮膚炎による炎症後色素沈着が主ですが、時にはハイドロキノンなどの漂白剤に対する刺激性・アレルギー性の皮膚炎が認められます。
最近では治療開始前に漂白剤のパッチテストを行い接触皮膚炎の予防をされています。

にきびや小じわなどの治療であれば、投与量を少なくして治療することができるので、その皮膚炎も十分に許容できる程度以下になります。


トレチノインは、動物実験では大量内服投与によって奇形を生ずることが知られています。
ヒトでは、トレチノイン外用との因果関係が明らかな奇形発生はこれまでありません。

トレチノインを使った色素沈着治療やニキビ治療の吸収量は微量であり、米国FDAは外用剤として使用する限りは問題ないと位置づけています。
しかし妊婦への投与は控えるべきとしていいますので、念のためトレチノイン治療中は避妊を行なってください。


シミ治療では外用ですが、がん細胞をおさえるお薬としても使われる場合があります。
その場合には、口や唇の乾燥、肌荒れ、頭痛、吐き気、中性脂肪の上昇、肝機能値の異常など、いろいろな副作用がでやすいようです。



スポンサード リンク

前の記事: « トレチノインが効かない場合がある?
次の記事: トレチノインとレチノールとの違いは? »
HOME: シミしわ対策スキンケア110番


シミしわ対策スキンケア基礎知識

シミの原因

シミ対策

シミのトレチノインと体験記

シミのレーザー治療

しわ対策スキンケア

しわの場所別スキンケア

にきび対策スキンケア

くま対策スキンケア

赤ら顔のスキンケア

脂性のスキンケア

乾燥肌・敏感肌対策

くすみ・たるみ対策

スキンケアと肌の老化(アンチエイジング)

紫外線対策スキンケア

スキンケア化粧品の基礎

スキンケアとライフスタイル

スキンケアと洗顔

スキンケア化粧品の成分

ケミカルピーリングの効果

ケミカルピーリングの皮膚科

ヒアルロン酸治療のクリニック

ボトックス注射

ボトックス注射の病院

スキンケア関連記事

リンク

しみしわ対策スキンケア110番
ケミカルピーリングの効果
プラセンタ注射研究所
ヒアルロン酸注射の効果
フェイスリフトアップ専門
ボトックス
メソセラピーの効果と体験談
デオドラント対策講座

サイト内検索

お問い合わせ

リンクフリーです。
相互リンクご希望の方は件名を「相互リンク希望」として、このサイトのURLと名称、相互リンクいただけるサイトの紹介をこちらにお送りください。

 

ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2012 シミしわ対策スキンケア110番. All rights reserved