シミしわ対策スキンケア110番> しわ対策スキンケア > しわとりスキンケア成分「レチノール」とは?

しわとりスキンケア成分「レチノール」とは?

しわのスキンケアといえば昔は水分を補給することぐらいしか方法はありませんでした。
もちろん、現在でも水分を補給することはしわ対策の基本中の基本であることに違いはありません。

しかし、現在ではさらに進化したスキンケアがあります。
突然あらわれたのが「レチノール」です。
レチノールはしわとり薬として欧米で大ブームとなった成分で、最近は日本でも皮膚科医などが外用薬として処方するようになりました。

レチノールは皮膚に浸透すると基底層に働きかけ、表皮細胞の生まれ変わりを活発にする働きがあります。肌の新陳代謝が盛んになり、肌細胞はどんどん生まれ変わっていき、肌は若さを回復し、しわやたるみが解消されるのです。

レチノールは肌に塗ると皮膚がふっくらとするので、小しわが気になる人は試してみてはいかがでしょうか。

レチノイン酸は医薬品成分で、変性した繊維を溶かし吸収する作用、新しい繊維の合成を誘導する作用があります。
医薬品成分なので化粧品には使用できません。
その代わり、作用はレチノイン酸より弱いが、刺激の少ないレチノールが認められています。

レチノール(Retinol)はビタミンA(Vitamin A)、ビタミンAアルコールとも呼ばれます。
さらにレチナール (Retinal)、ビタミンAアルデヒドとも 、レチノイン酸 (Retinoic Acid)、ビタミンA酸とも呼びます。

これらをビタミンA1やビタミンA2と呼ぶこともあります。
レチノールはその誘導体の総称で、ビタミンの中の脂溶性ビタミンに分類されます。
化学的にはレチノイドと呼ばれるもので、狭義にはレチノールのみを指してビタミンAと呼ぶのです。
ビタミンAは動物にのみに見られるビタミンで、β-カロテンなどは、動物体内においてビタミンAに変換されます。これはプロビタミンAと呼ばれています。プロビタミンAは動物にも植物ともに見られます。

ですから簡単に言うとレチノールとは、ビタミンA そのものです。
ビタミンA の皮膚への働きは、角質層の保湿性向上、表皮細胞の保護作用等があります。

ビタミンA が不足すると、皮膚細胞の角質化不全が起こり、乾燥肌に。
皮膚細胞の抵抗力が弱まり細菌感染を起こしやすくなり、ニキビなどが増えてしまいます。

ビタミンA 群は、このように肌荒れに対する成分として利用されてきましたが 最近の研究で、活性酸素除去作用、光老化や加齢によるシワの改善にも優れた効果が期待できることがわかってきました。
表皮細胞の再生を促したり、線維芽細胞を活性化させる働きがあるといわれています。

特にシワに効果的である成分として注目されているレチノール。

大手化粧品会社はレチノール入りの化粧品を「しわ」に効果的であるとして各社競争して発売しました。

レチノールコスメは使った人に結果が多く出やすいことや、それに替わる新成分が発表になっていないため、これらの化粧品は売れ筋ランキングでかなり高い位置を占めています。

レチノールが「しわ」の改善にこれほどまでに注目されたのにはワケがあります。

もともとは、1982年のアメリカで、重傷のニキビ治療薬としてレチノイン酸が皮膚科の治療に加わりました。
このとき、「しわ」が浅くなる、皮膚が若返ったとの効果もみられ、次第にアメリカの皮膚科医の間で広まるようになったのです。

その後、1990代に入り、正式にFDAは、レチノイン酸を主成分に保湿クリームを配合した処方薬「レノバ」を認可しました。
アメリカの研究では、60%から80%以上の人に効果があるというデータが報告されて、これがブームのきっかけになったのです。

この頃、レノバは、医師による処方薬であり、また刺激や副作用があったので一般的な流通には非常に難しかったのです。

その後、同じビタミンA作用をもち、より刺激の少ない「カイネレース」が発売になるなどして評判になりましたが、これも医師の処方を必要とするものであったため、一般の人が簡単に手に入れられるよう、レチノイン酸よりも刺激が少なく化粧品成分として可能なレチノールを配合した化粧品が相次いで発売されていったのです。

化粧品のレチノールは、「しわ」や「しみ」の改善、乾性や角化性の皮膚の治療、ニキビの治療を期待して配合されています。


エステティックサロンでも、レチノールを導入した施術を行っているサロンは数多くあります。
乾燥したオフィスの中では、目や口の周りに「しわ」できている人が多くなっています。
本じわになる前に水分を補給して、お手入れを念入りにしましょう。




スポンサード リンク

前の記事: « しわの手入れにはしわを広げて保湿パック!?
次の記事: シミ対策!美白化粧品でシミを撃退しましょう。 »
HOME: シミしわ対策スキンケア110番


シミしわ対策スキンケア基礎知識

シミの原因

シミ対策

シミのトレチノインと体験記

シミのレーザー治療

しわ対策スキンケア

しわの場所別スキンケア

にきび対策スキンケア

くま対策スキンケア

赤ら顔のスキンケア

脂性のスキンケア

乾燥肌・敏感肌対策

くすみ・たるみ対策

スキンケアと肌の老化(アンチエイジング)

紫外線対策スキンケア

スキンケア化粧品の基礎

スキンケアとライフスタイル

スキンケアと洗顔

スキンケア化粧品の成分

ケミカルピーリングの効果

ケミカルピーリングの皮膚科

ヒアルロン酸治療のクリニック

ボトックス注射

ボトックス注射の病院

スキンケア関連記事

リンク

しみしわ対策スキンケア110番
ケミカルピーリングの効果
プラセンタ注射研究所
ヒアルロン酸注射の効果
フェイスリフトアップ専門
ボトックス
メソセラピーの効果と体験談
デオドラント対策講座

サイト内検索

お問い合わせ

リンクフリーです。
相互リンクご希望の方は件名を「相互リンク希望」として、このサイトのURLと名称、相互リンクいただけるサイトの紹介をこちらにお送りください。

 

ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2012 シミしわ対策スキンケア110番. All rights reserved