シミしわ対策スキンケア110番> 紫外線対策スキンケア > 日光浴は本当に肌を強くするの?

日光浴は本当に肌を強くするの?

小麦色の肌が美しいのは高校生までで、成人女性にとって、日焼けは大敵です。
9月も過ぎるとシミができた、小じわが増えたと悩む女性が急に増えます
それは年も考えずに日焼けして肌にダメージを被った結果なのです。

Image日に当たる事は健康に良いと思われている方もいらっしゃいます。
だから焼けが老化を促進するというと疑問に感じる人も多いようです。
でも「日光浴は肌を丈夫にして、風邪をひきにくくする」は間違いです。
風邪と素肌に関しては関連がありません。
風邪はウイルスによって、鼻・のど・気管などの上気道に起こる感染症です。
肌が丈夫でも、体内の空気の通り道がウイルスに感染すれば風邪をひくのです。

また、日焼けをすると肌が丈夫になることもありません。
ご存じのように、太陽光線は、赤外線・紫外線・可視光線などを含んでおり、日焼けはそのうちの紫外線によって起きる現象です。
太陽光線の中に占める紫外線量は6パーセント、実際に地表面に届く量はもっと少なくなります。
このわずかな紫外線を浴びると、皮膚の細胞が大きな損傷を受けます。
皮膚の老化が早いスピードで進行し、太陽熱によって肌の水分が奪われ、痛めつけられます。
そこで、皮膚が本来もっている防御機能がはたらいて、大急ぎでメラニン色素を増産し、皮膚を紫外線から守ろうとします。
このメラニン色素の作用で、肌が浅黒く黒くなるのが日焼けです。
肌の奥にある柔らかい組織を全滅させないために、あわてて鎧を作るのです。
長く日光にさらされた皮膚の表面は一種の火傷のような状態になっています。
火傷した肌は健康的でも、美しくもありません。
日焼けをしすぎると、ケロイド状になったり、水疱ができたりしますが、日焼けした小麦色の肌も水ぶくれを起こす一歩手前の状態なのです。
当然、肌が強くなったわけではありません。



スポンサード リンク

前の記事: « シミ対策のビタミンC摂取法
次の記事: 軽い日焼けなら健康に良いの? »
HOME: シミしわ対策スキンケア110番


シミしわ対策スキンケア基礎知識

シミの原因

シミ対策

シミのトレチノインと体験記

シミのレーザー治療

しわ対策スキンケア

しわの場所別スキンケア

にきび対策スキンケア

くま対策スキンケア

赤ら顔のスキンケア

脂性のスキンケア

乾燥肌・敏感肌対策

くすみ・たるみ対策

スキンケアと肌の老化(アンチエイジング)

紫外線対策スキンケア

スキンケア化粧品の基礎

スキンケアとライフスタイル

スキンケアと洗顔

スキンケア化粧品の成分

ケミカルピーリングの効果

ケミカルピーリングの皮膚科

ヒアルロン酸治療のクリニック

ボトックス注射

ボトックス注射の病院

スキンケア関連記事

リンク

しみしわ対策スキンケア110番
ケミカルピーリングの効果
プラセンタ注射研究所
ヒアルロン酸注射の効果
フェイスリフトアップ専門
ボトックス
メソセラピーの効果と体験談
デオドラント対策講座

サイト内検索

お問い合わせ

リンクフリーです。
相互リンクご希望の方は件名を「相互リンク希望」として、このサイトのURLと名称、相互リンクいただけるサイトの紹介をこちらにお送りください。

 

ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2012 シミしわ対策スキンケア110番. All rights reserved