シミしわ対策スキンケア110番> 紫外線対策スキンケア > 軽い日焼けなら健康に良いの?

軽い日焼けなら健康に良いの?

シミの大敵といわれている紫外線。軽い日焼けは健康に良いといわれる場合もあるますが、本当にそうでしょうか?シミ対策、スキンケアの面から紫外線を考えてみましょう

シミは紫外線で作られることが知られています。
シミの大敵である紫外線は、波長の長いほうから、UVA、UVBの2種類に分けられます。
火傷のような日焼けになるのはUVBです。こんがり肌の色を黒くするのがUVAです。
では刺激の少ないUVAで日焼けすればいいのでしょうか。
多くの日焼けサロンでも、「最先端のマシーンによって、UVBがカットされているので、安全です」などと宣伝しています。
しかし日焼けした肌の状態が美しいと感じるのは表面的な違いだけで、紫外線で肌を老化させていることは、太陽も日焼けサロンも同じです。
皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層構造になっていて、2番目の層である真皮には、コラーゲンとエラスチンという繊維状のタンパク質組織があります。
これが、皮膚の弾力を維持しています。真皮が紫外線に当たると、この弾力維持組織が破壊されます。
皮膚の弾力が損なわれると、さらに下にある筋肉や骨などの組織を守れなくなるのです。

紫外線のなかで波長の長いUVAは、肌の奥まで入り込んでメラニン色素を増やす作用があります。
つまり、シミが増えるのです。
さらに紫外線がメラニン色素が真皮層まで入り込んでしまうと、簡単なスキンケアでは、シミを治すことができなくなってしまいます。
肌の深く沈着したメラニン色素は留まりつづけ、「老人肌」へ導いていきます。

シミ対策、スキンケアの面からみると、やはり日焼けはよくないのです。



スポンサード リンク

前の記事: « 日光浴は本当に肌を強くするの?
次の記事: しわも紫外線でできる!? »
HOME: シミしわ対策スキンケア110番


シミしわ対策スキンケア基礎知識

シミの原因

シミ対策

シミのトレチノインと体験記

シミのレーザー治療

しわ対策スキンケア

しわの場所別スキンケア

にきび対策スキンケア

くま対策スキンケア

赤ら顔のスキンケア

脂性のスキンケア

乾燥肌・敏感肌対策

くすみ・たるみ対策

スキンケアと肌の老化(アンチエイジング)

紫外線対策スキンケア

スキンケア化粧品の基礎

スキンケアとライフスタイル

スキンケアと洗顔

スキンケア化粧品の成分

ケミカルピーリングの効果

ケミカルピーリングの皮膚科

ヒアルロン酸治療のクリニック

ボトックス注射

ボトックス注射の病院

スキンケア関連記事

リンク

しみしわ対策スキンケア110番
ケミカルピーリングの効果
プラセンタ注射研究所
ヒアルロン酸注射の効果
フェイスリフトアップ専門
ボトックス
メソセラピーの効果と体験談
デオドラント対策講座

サイト内検索

お問い合わせ

リンクフリーです。
相互リンクご希望の方は件名を「相互リンク希望」として、このサイトのURLと名称、相互リンクいただけるサイトの紹介をこちらにお送りください。

 

ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2012 シミしわ対策スキンケア110番. All rights reserved